2007年05月04日

再就職活動を開始

ぼくの年収は一番多かったときと比べて80万円ほど下がってしまった。一番多かったとき、ぼくにはまだ最低の肩書すらなかった。

最後の職場は毎年のように人員が削減された。異動したばかりの頃は、15人ほどいた。正社員ばかりじゃなく、他の会社の従業員も4、5人いた。

それがぼくの配置転換後は、4人に。その年だけでも、5人がその職場を離れた。転勤がぼくを含めて4人、ひとりが退職。転勤した者のうち2人がほどなく退職した。ぼくもそのうちのひとり。

そしてぼくが辞めた後、またひとりその職場を去るものが。ぼくの上司だった人で、その職場の長。定年まで後2年だった。

ぼくは冷静に考える。ぼくの転勤の一番の目的は人減らし。欠員が生じた部署の補充はその後に決定されたもの。人減らしありき。

打診があったのは、1月半前。ぼくの直属の上司の公休日だった。ぼくの部署を担当する本社の部長から、ひとりで事務所をやってくれないか。そう切り出された。

ぼくはきっぱりと断った。ひとりでやるということは、朝一番から最後まで休憩時間もなく、しかも事業所が休みの日以外は休めないことになる。

つまり人減らしがしたかっただけ。ぼくは定期異動から2か月遅れて、辞令をもらった。その日ぼくは夕方まで外回りをしてた。給料の締日の前日。そして異動日は締日明け。

「お世話になりました。」ぼくの帰りを待ってた取締役がぼくの机の上の辞令を指し示し、開口一番別れの一言。ぼくはそう解釈した。辞令を交付する上司が部下に向かっていう言葉じゃない。

そしてぼくは異動日の前日、70km以上も離れた新しい職場へ。1日も出勤することなく退職届を提出。

旧部署の人減らしがしたかっただけなら、近くに6つも7つも事業所がある。にも関わらず、あえて最も遠く離れた事業所に転勤を命じたということの意味。

ぼくはためらわず次の道を選択した。
ラベル:副業 稼ぐ
posted by ラウド at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。